2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『 包帯クラブ The Bandage Club 』 天童荒太 ちくまプリマー新書


『 楽天ブックス 』
本体価格 760円 (税込 798 円) 送料別

著者: 天童荒太
出版社: 筑摩書房
サイズ: 新書
ページ数: 191p
発行年月: 2006年02月

『家族狩り』『永遠の仔』の作者が、この時代に生きる人たち、特に、いまの社会が生き難いと感じている若い人たちに語りかける、6年ぶりの書き下ろし小説。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
傷ついた少年少女たちは、戦わないかたちで、自分たちの大切なものを守ることにした…。いまの社会を生きがたいと感じている若い人たちに語りかける長編小説。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
天童荒太(テンドウアラタ)

1960年、愛媛県生まれ。作家。大学卒業後に執筆活動に入る。’86年『白の家族』で第13回野性時代新人文学賞。’93年『孤独の歌声』(新潮社)で第6回日本推理サスペンス大賞優秀作。’96年『家族狩り』(新潮社)で第9回山本周五郎賞。2000年にはベストセラーとなった『永遠の仔』(幻冬舎)で第53回日本推理作家協会賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

包帯クラブ

************************************


『 アマゾン 』
価格: ¥ 798 (税込) 1500 円以上国内配送料無料

出版社 / 著者からの内容紹介
『家族狩り』『永遠の仔』の作者が、この時代に生きる人たち、特に、いまの社会が生き難いと感じている若い人たちに語りかける、6年ぶりの書き下ろし小説。

包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)

2007.09.13
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。